建築工房いろはが大切にする家づくりへのこだわり

省エネ・断熱性能に優れた高性能な家づくり、お客様の人生に寄り添う家づくり、建てる前の資金計画から建てた後のアフターフォローまで面倒見のよい家づくり──こちらでは、兵庫県姫路市の工務店「建築工房いろは」が注文住宅による家づくりでとくにこだわっていること、企業としての強みについてお話しします。

いろはがこだわる「エネルギー」への意識

エネルギー収支ゼロの家が2020年から標準になる

エネルギー収支ゼロの家が2020年から標準になる

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっている今日、この日本でも住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。そこで、政府が打ち出したのがZEH(ゼッチ:ネットゼロエネルギーハウス)。高気密・高断熱構造による省エネと太陽光発電による創エネを組み合わせ、1軒あたりのエネルギー収支をゼロにしようと言うもので、国は東京五輪が開催される2020年までに標準的な新築住宅での普及を目指しています。言い換えれば、2020年以降に着工される新築住宅はこの厳しい基準をクリアしなければならないということ。しかし、そこに大きな落とし穴があるとしたら?

エネルギーコストの上昇で起こる悲劇

エネルギーコストの上昇で起こる悲劇

新築住宅がすべてゼロエネルギー化するとどうなるでしょう。今度は、エネルギー消費が減って、石油やガス、電力などの価格が逆に高騰し始めます。すべての単価が軒並み上がるからです。それでもゼロエネルギー化した家ならまだしも、旧来の性能で建てられた家は、法外に高い電気やガスを買い続けなければなりません。2020年からは非対策の新築住宅が建てられないからといって、「今のうちに」と、十分な性能もなくただ安いだけのローコスト住宅を購入した方はやがて莫大な光熱費に泣かされるようになるはずです。しかも、初期コストはかかるものの対策済みの家なら光熱費の削減分ですぐ元が取れて、早々に住宅ローンと無縁になれますが、性能の劣るローコスト住宅を慌てて買った方はその逆で、高騰するエネルギー代に泣かされながら、住宅ローンの返済にも困り果てるという状況が待ち構えています。

高性能住宅は高気密・高断熱でつくる

高性能住宅は高気密・高断熱でつくる

では、どなたも新築時に太陽光発電やエネファームを導入するべきなのでしょうか? 建築工房いろはは決してそうは考えません。エネルギー消費の問題は、高気密・高断熱化で解決できるからです。夏の日差しをしっかりと遮蔽し、冬には暖かな外光をたくさん取り入れ蓄熱し、外に逃がさないようにすれば、コスト高になるソーラーパネルなどは不要になるからです。そうなれば、エアコンは不要になるか、補助装置程度になるでしょう。当社が理想としている省エネ住宅、低燃費住宅とは、このように基本ができている家のこと。高気密・高断熱に投資すればそれだけで十分快適で、ゼロエネルギーの生活に近づけます。

それぞれの“快適な暮らし”を提供するためには

それぞれの“快適な暮らし”を提供するためには

最近、大手住宅メーカーもゼロエネルギー化を意識して「高気密高断熱住宅」を前面に押し出し、省エネルギー住宅を売りにしています。しかし、その主力となる商品が輸入住宅だというのですから驚きです。大半の輸入住宅はいわゆる規格住宅で使用されている部材から何から同じものの組み合わせからできていて、何かと融通が利きません。本来、高気密・高断熱住宅を設計するには、家の規模や形状、間取り、窓の大小、隣地建物との間隔、方位などさまざまな条件を最適化する必要がありますが、規格住宅に用いられている建築材料、部材ではそれができません。当社が注文住宅にこだわり続けるのはまさにそのためです。お客様にとって最適な住まいをご提案するには、大手ハウスメーカーと同じ手法では不可能と言ってよいでしょう。

いろはが提案するのは「人生」

いろはの大事1 今までの経験を生かして提案すること

いろはの大事1 今までの経験を生かして提案すること

代表である大島進也はハウスメーカー(住友林業)でのキャリアもあり、家づくりのさまざまな手法を駆使できます。もちろん、快適な暮らしを実現するノウハウも。しかも「低燃費住宅普及の会」に加盟し、光熱費を抑える技術を磨き続けています。もちろん、設計・施工の現場で20年という経験も今の建築工房いろはを支える原動力となっています。当社の強みはこの蓄積を最大限に活用できる点。だからアフターフォローひとつ取っても、お客様一人ひとりにマッチしたご提案ができるのです。

いろはの大事2 大事なのはお客様との距離・気持ち

いろはの大事2 大事なのはお客様との距離・気持ち

お客様に本当のご満足を実感していただくためには、その生活実態や生活信条にまで踏み込んで密度の濃いご提案を差し上げることが不可欠。通り一遍のヒアリングや打ち合わせだけでは到底その域に達することはできません。その上で、スピード感のある対応を心がけることが重要。家づくりは長丁場ですが、計画から施工、完成まで決して悠長にしていられるほどの時間的余裕がないからです。キビキビと小気味のよい進捗やコミュニケーションこそ、お客様を不安にさせないために大切な要素だと当社は考えています。

いろはの大事3 暮らす人の気持ちになること・人生を考えること

いろはの大事3 暮らす人の気持ちになること・人生を考えること

注文住宅でも、家は半年から1年程度あれば建つもの。しかし、お客様と新しい家とのお付き合いはその後も何十年と続きます。それを考えれば、家づくりは建てるまではもちろんですが、建ててからがさらに大事だということ。私たちが、完成お引き渡し後の保証やメンテナンスを重視しているのはまさにこのためです。また、建てる前もおざなりにはできません。周到な資金計画がなければ、お客様が後々ローンの負担で苦しまれることになるからです。だからこそ、当社ではファイナンシャルプランナーである代表が自ら施主となる方の収入や家計にまで踏み込んで、ベストな資金計画を立案して差し上げるのです。

いろはの大事4 暮らしは体験から

いろはの大事4 暮らしは体験から

建築工房いろはでは、説明やヒアリング、暮らしを始めるお客様の暮らしを考え、ご提案させていただております。その中でも“体験”を大事にしています。外観や内装の目に見える部分だけでなく、実際の住み心地を体験することで、よりイメージしやすくなります。事前に家の事を知る。言葉だけでは伝わらない部分を体感していただくことで、理解を深めてもらうために参加いただいています。

モデルハウスで体感・体験してほしいこと
冷暖房をあまり使わなくても
快適な暮らし
野外のうるさい騒音が
聞こえない、寝心地!
冬の“寒くない”脱衣所
無垢材の柔らかい足ざわり
お子様の安全性
1階も2階もロフトも!
一定の室温で過ごしやすい!
キレイな空気で
安心の環境

建築工房いろはの家~特長・家づくりの話~

こだわりの家~省エネ・断熱~

夏は涼しく、冬は暖かい。しかもエアコンの稼働を抑えて省エネにもなる──そんな理想の室内環境を実現するのに欠かせないのが高断熱という性能であり、建築工房いろはがこだわり続けているテーマもこの省エネ化・断熱化への取り組みです。なぜか日本家屋の多くはいまだに断熱性の低いものが多く、夏は猛烈に暑く、冬は凍えるように寒い住まいが多いと言われていますが、私たちはこうした現状を地元・姫路から変えていこうと考えています。

詳しくはこちら

ローコストでできる理由

建築工房いろはのコストカットはとてもシンプル。まず、無駄を徹底的に省きます。例えば、直接、施工に関係のない経費を極限まで圧縮して、その分を住まいの性能アップや付加価値向上に回します。また、建築資材の良し悪しを見極めながら、同じ品質、性能で最も低価格のものを選ぶのも腕の見せどころ。これは相応の経験がなければできないことです。私たちが誇るコストパフォーマンスに優れた家はこうした背景から誕生します。

詳しくはこちら

スケジュール

注文住宅による家づくりがどんなステップを踏んで完成するのか、マイホーム建築が初めてという方ならどなたでも気にかかる問題でしょう。そこで、ここでは建築工房いろはで新築一戸建てを建てる場合の流れ(工程)を解説しています。なお、当社は「人と人との繋がり」を大切にする工務店。だから、設計や施工だけでなく、お客様とのお打ち合わせや、建てた後のお付き合い、アフターサービスにどこよりも力を入れています。

詳しくはこちら

安心保証・アフターメンテンナンス

家は半年から1年程度あれば建つもの。しかし、お客様と新しい家とのお付き合いはその後も何十年と続きます。それを考えれば、家づくりは建てるまではもちろん、建ててからがさらに大事だということ。建築工房いろはが、完成お引き渡し後の保証やメンテナンスを重視しているのはまさにこのためです。なお、当社では、建物を末永く維持していただくために、施主様としてできる簡単なメンテナンス法をアドバイスして差し上げています。

詳しくはこちら