建築工房いろはがこだわる省エネ・断熱性能

夏は涼しく、冬は暖かい。しかもエアコンの稼働を抑えて省エネにもなる──そんな理想の室内環境に欠かせないのが高断熱という性能です。こちらでは、兵庫県姫路市で注文住宅を手がける工務店「建築工房いろは」が省エネ・断熱性能へのこだわりについてお話しします。高断熱な家は快適で省エネ、しかも家族の健康生活に欠かせない性能のひとつです。

健康を考えるからこその断熱提案

健康を考えるからこその断熱提案

断熱とは文字通り熱の伝わりを断つこと。なぜか日本家屋の多くはいまだに断熱性の低いものが多く、夏は猛烈に暑く、冬は凍えるように寒い住まいが多いと言われています。ところが、断熱性能の高い家は季節を通じて屋内の温度が一定に保たれ、しかも場所によって温度の高低差が小さいためヒートショックなどの健康被害とも無縁。ここでは、断熱性能に優れた家がそこに住む人の健康にいかによい影響を与えるかについて解説しましょう。

Case1.冬、早朝まで昨夜の室温が保たれよく眠れる

Case1.冬、早朝まで昨夜の室温が保たれよく眠れる

厳冬期、暖房を消して寝たら、早朝に凍えるような寒さに震えて起きてしまったという経験はありませんか? それは住まいの断熱性が低く、部屋を暖めてもその暖気が壁や窓を通して屋外へ逃げてしまうから。高性能の断熱材を用い、窓をペアまたはトリプルガラスに、サッシを樹脂製・木製にすることでこうした悩みは一気に解消します。しかも日中も眠くならず仕事や勉強もはかどります。

Case2.暖房の設定温度を上げ過ぎなくてよいので勉強に集中できる

Case2.暖房の設定温度を上げ過ぎなくてよいので勉強に集中できる

部屋と廊下、トイレ、浴室で室温が極端に違うのは断熱性の低い家だから。こうした環境では、高齢者が夜中にトイレに起きた際、急に寒さを覚えたことで心臓発作になるいわゆるヒートショックのリスクがあります。断熱性能にこだわった家ならもちろん、部屋の隅々まで一定の温度が保たれるため、こうしたことがありません。また、断熱性が低いと床に近いところでは温度が低く、天井に近いところでは温度が高くなります。これは、空気の対流による温度ムラですが、これがあると足先は冷たいのに頭の辺りが熱く感じられ、血行不良になるだけでなく、勉強や仕事がはかどりません。断熱性能に優れた家なら室内の上下方向においても温度差が小さいため、気になりません。

Case3.真夏にエアコンの設定温度を控えめにしても快適

Case3.真夏にエアコンの設定温度を控えめにしても快適

省エネを考えて、夏場のエアコン設定温度を高くするお宅も多いでしょう。でも、断熱性の低い家だと屋外の暑さがダイレクトに侵入してくるので、家の中は猛烈に暑い状態になります。設定温度を上げ、エアコン稼働を最小にしていたら、室温はどんどん上がり、不快指数も上昇します。そうなると、室内にいても熱中症で倒れかねません。断熱性能に優れた家なら冷えた空気が外へ逃げないため、最低限のエアコン稼働で快適さを確保でき、危険な熱中症から家族を守ってくれます。しかも、夕刻以降はエアコンを切っても涼しさが保たれるので省エネ効果も抜群。電気代の節約にもなります。

Case4.夏の夜でも熱が部屋にこもらず、寝苦しさが解消される

Case4.夏の夜でも熱が部屋にこもらず、寝苦しさが解消される

日が沈んで、夜になったのに部屋の中は暑苦しいまま。その暑苦しさが深夜になっても解消されないため寝苦しく、睡眠不足になっているという方は多いでしょう。断熱性能の高い家なら、夏でも屋外の暑さがダイレクトに伝わらず、しかもエアコンで一度冷えた空気も外へ逃げにくくなるためこのようなことにはなりません。真夏の夜でもぐっすり眠れ、1日の疲れもしっかり解消できます。

基準値を大きくクリアすることで安心・快適な暮らしを

基準値を大きくクリアすることで安心・快適な暮らしを

断熱性とは建物が外気温の影響を受けず、室温を一定に保つ性能を指します。つまり、盛夏でも厳冬期でも極端な暑さや寒さを感じずに済み、それだけエアコンの稼働率も低くなるので電力消費が抑えられ、光熱費も節約できるというわけです。なお、断熱性能を表す指標にはUA値というものがあり、総熱損失量を外皮面積(屋根、外壁など)で割ったもので、これが低いほど断熱性能が高いということ。なお、国が定める省エネ基準は寒冷地やその他の地域により異なりますが、建築工房いろはがご提案する住まいはそれらの数値を大きく凌ぐ性能を確保しています。

こだわりの素材・性能

夏は涼しく、冬は暖かい。しかも、エアコン稼働を抑えて光熱費の削減にも貢献する高断熱な家。建築工房いろはでは、その断熱性能を追求するために用いる素材や工法などにもこだわっています。

ハイブリッド断熱

壁の内部にグラスウールなどの断熱材を詰める「内断熱」、パネル状の断熱材で建物全体を覆う「外断熱」。それらを組み合わせ、“いいとこ取り”したのが「ハイブリッド断熱」。当社では、建物の外側にロックウールを用いて断熱性だけでなく耐火性能、透湿性能、耐衝撃性能を確保。さらに、壁の内部には難燃性、調湿性、防虫性、吸音性にも優れたセルロースファイバーを採用しています。

トリプル断熱ガラス樹脂サッシ

建物内で熱が最も失われやすい箇所が窓。なんと全体の40%もの熱損失があるというから驚きです。そこで、当社では、優れた断熱性能で定評のある国内外製のトリプル断熱ガラス樹脂サッシを採用しています。

内部結露の解消に役立つ建築物理ソフト「エネルギーパス計算ソフト」

住まいの断熱性能を上げると、室内で発生した空気と湿気がそのまま溜まってしまうことで、結露が生じやすくなります。結露はカビを発生させ、構造躯体である木材や鉄部を腐食させるなど家の寿命を短くする厄介な存在。しかも、断熱性能の低下や住む人への健康被害ももたらします。当社では結露を防止するために、建物の設計段階で特殊な建築物理ソフト「エネルギーパス計算ソフト」を駆使し、断熱性を維持しながら熱や湿気の挙動を最適化し結露の発生を最小限に抑えています。

自然素材の内壁

優れた吸湿性能で結露を防止しカビの発生を抑える「ホタテ漆喰塗装」も建築工房いろはのこだわり。自然素材の塗り壁なので湿気を吸着するだけでなく、消臭効果を発揮するのでお部屋はいつも快適。しかも一度貼れば、その後クロスの貼り換えが不要になるなど経済性にも優れた素材です。

無垢床材

天然木の風合いがやさしい無垢床材。木肌の温もりもさることながら、その吸い付くような手触りは合板のフローリングでは得られないもの。高い断熱性を確保した家なら冬場でも床が冷たくならず、いつまでもそこに座っていたくなるほどの快適さです。