家づくりで知っておきたい3大ポイント

多くの方にとってマイホームの新築は人生で初めての経験でしょう。それだけに、家づくりをどう進めたらよいか、資金計画はどう立てるのがよいか、右も左もわからないといった状況ではないでしょうか。そこで、ここでは兵庫県姫路市で注文住宅を手がける「建築工房いろは」がマイホーム適齢期の皆様に、家づくりでまず知っておくべき3つのポイントについてご説明します。これさえ知っておけば、理想のマイホーム実現も決して夢ではありません。

家づくりの進め方 POINT1 資金計画を立てる

家づくりの進め方 POINT1 資金計画を立てる

どんな家に住みたいか、どんな暮らしがしたいか──新しい家について夢や希望を膨らませることは大切です。それがモチベーションとなって、マイホーム購入について前向きになれるからです。とは言え、マイホームは一生に一度の大きな買い物。理想ばかりが先行して予算をオーバーしてしまうことがあると、後々、住宅ローンの返済で思わぬ苦労をすることになりかねません。

そうしたことにならないよう、購入前にまず考えておきたいのが資金計画です。現在の資金力、経済力、将来の見通しなどをよく検討し、金利や不動産価格などの動向にも注意を払いながら無理のない返済プランを立てていきましょう。

資金計画の4大チェックポイント

① 家計状況や将来設計

①  家計状況や将来設計

頭金や毎月の返済額はどの程度に設定すべきか、現在の収入や将来展望を勘案しながら検討を重ねていきます。お若い方なら自己資金が少なくても返済期間にゆとりがあるので融資も降りやすいでしょう。また、夫婦共働きならなお安心です。

② 施主となる方の年齢とご家族の状況

②  施主となる方の年齢とご家族の状況

まだ若い方なら、返済期間をある程度長く設定しても無理なく住宅ローンを活用できるでしょう。ただし、40代以降に家を購入するなら相応の返済計画を立てる必要があります。場合によってはお子様とのリレー返済も念頭に置いておきたいところです。

③ 金利や不動産価格

③ 金利や不動産価格

国内の景気や為替相場によって住宅ローン金利は大きく影響を受けます。もちろん、できるだけ低い金利で融資が受けられるのが理想的。そのためには借り入れのタイミングが重要です。ファイナンシャルプランナーのいる当社なら、こうした点からもアドバイスが可能です。

④ 住宅建設に対する税制、優遇措置

④ 住宅建設に対する税制、優遇措置

太陽光発電などを導入したり、バリアフリー設計を取り入れたりした住宅には新築に対して自治体などから一定の補助金や減税などの優遇措置が受けられることがあります。当社なら、姫路市をはじめ近隣自治体の制度に通じていますのでぜひご相談ください。

家づくりの進め方 POINT2 見学会での情報収集

家づくりの進め方 POINT2 見学会での情報収集

インターネット上を検索すれば、住宅や家づくりに関連した情報は数え切れないほどヒットするでしょう。どの工務店がよいのかといった評判もそこから拾えるかもしれません。しかし、それよりも間違いがないのは、その工務店が建てた家を実際に見てみること。その意味では、完成見学会はぜひ参加したいイベントのひとつです。何もかもがてんこ盛りのモデルハウスやショールームとは違い、一般の施主様が建てられた家を見られるので、リアルな家づくり、等身大の家づくりを実感できでます。もちろん、見学会で施主様に直接、工務店への印象を聞いたり担当者に予算を確認できたりするので、非常に有意義でしょう。見て聞いて情報収集し、ご自身の家づくりに生かせるのですから、これは参加しない手はありません。

無料宿泊体験や個別相談、勉強会にご参加ください

無料宿泊体験や個別相談、勉強会にご参加ください

本当に理想の家を建てたいなら、決してすべてを工務店まかせにせず、家づくりの基本や資金計画などご自身でいろいろ勉強されたほうがはるかによい結果が得られます。ただし、勉強と言っても難しく考えないでください。例えば、建築工房いろはが主催する勉強会に参加していただくだけで、家づくりからお金のことまで、必要な知識がしっかりと身に付きます。もちろん、参加いただいたからといって、当社で家を建てなくてはいけなくなる、といったことはありませんのでご安心ください。また、わからないことは個別相談も可能ですので、お気軽にご連絡ください。一番大事な事は「宿泊体験をする」という事。実際に暮らす家がどんな住み心地なのか、これは体験しなければわからないことです。当社の代表である大島進也は、建築士でありながらファイナンシャルプランナーでもあり、住宅設計の点だけでなく資金面でも皆様をサポートできます。ぜひお気軽にご参加ください。