家づくりを左右する資金計画・土地選びを考える

家を建てるには2つの要素が不可欠。それがお金であり土地です。住宅ローンを利用して何千万という借り入れをすることを考えると、長期にわたる返済が無理のないものとなるよう無理のない資金計画を立てなければなりません。また、土地の選び方次第でそこに建つ家の間取りや住み心地が大きく左右されます。こうした肝心なところで後悔しないためにも、資金計画、土地選びは慎重に。こちらでは、兵庫県姫路市で注文住宅を手がける工務店「建築工房いろは」が資金計画と土地選びについてプロの視点からお話しします。

大事な資金計画

資金計画を立て、ライフプランを考える

資金計画を立て、ライフプランを考える

住宅ローンが家計に占める割合は決して小さくありません。もし、これだけが突出してしまうと生活費はもちろんですが、お子様の教育費、そして老後の備えに影響し、人生設計が狂うことにもなりかねないでしょう。マイホームは確かに重要ですが、それはライフプランのなかのひとつの柱に過ぎません。将来まで見据えた上で、慎重に資金計画を立てる必要があると言えるでしょう。

人生の三大支出、そのバランスが大事です

人生の三大支出と呼ばれるものに「住居費」「教育費」「老後費」があります。住居費とはこの場合、住宅ローンの返済と考えて差し支えありませんが、これが家計を圧迫するほどだと、生活費だけでなく教育費や老後費を削らざるを得なくなります。当然、人生設計そのものを下方修正しなくてはならないでしょう。そもそも、無理のある返済は家庭にとって最大の不安要素です。家計のバランスを崩さないためにも、一家の将来に暗い影を落とさないためにも、住宅ローンでは無理のない借り方、返し方を検討しなければなりません。

自分にあったローンを知りましょう

自分にあったローンを知りましょう

住宅ローンと言えば、最も有名なのが住宅金融支援機構の「フラット35」。しかし、実は、これはほんの一部に過ぎず、全体で4,800種類もの商品があることはあまり知られていません。そのなかから、ご自身の資金力や将来設計にフィットしたものを見つけるのは至難の業でしょう。例えば、前述のフラット35は金利固定型と呼ばれるタイプですが、ほかにも金利変動型があり、かと思えば初回から完済まで月々の返済額が変わらないもの、段階的に増えていくもの、それらを組み合わせたものなどが各金融機関などで取り扱われていて、そのバリエーションの多さに果たしてどれがいいのか見極めが容易につかなくても無理はありません。だからと言って、とりあえず返済できればと安易に手を出すと大きな痛手を負うことになるので要注意。住宅ローンの選び方次第で毎月の支払額や金利、総返済額に大きな差が生じてしまうからです。

いろはがトータルサポートします!

いろはがトータルサポートします!

住宅ローンの選び方はもちろんですが、借り方・返し方も慎重に検討しなければ、後々後悔することになるでしょう。もちろん、資金力や予算に応じて妥協するところは妥協するといったことも家づくりでは必要になります。となると、ますます、マイホームが初めてという方は不安に思われるでしょう。でも、ご安心ください。建築のプロであるだけでなく、お金のプロでもある建築工房いろはが、ファイナンシャルプランナーという立場から皆様の資金計画、住宅ローン選びをしっかりサポートします。もちろん、長期にわたる返済計画についても明確にご提示し、お客様がご納得されるまでじっくりご説明いたします。家づくりだけでなく、お金のことについても、当社にご遠慮なくご相談ください。

無料宿泊体験、勉強会や個別相談にご参加ください

無料宿泊体験、勉強会や個別相談にご参加ください

予算やプランが決まればあとは施工業者が家を建ててくれるのを待つばかり。でも、お客様にとっていちばんの難所はやはりその前段階です。家を建てる前にはお金のことなどクリアしておくべき課題が山積みだからです。でも、ものは考えようです。マイホームを検討中の方は多かれ少なかれ不安だからです。そんな皆さんの不安を解消し、資金計画の道筋を付けて差し上げるのもまた建築工房いろはの務め。ファイナンシャルプランナーとしてお金にまつわる課題を解決してきたプロが皆様のご相談に乗りますので、どうぞ安心ください。また、無料宿泊体験、勉強会・個別相談など、体験することで知ることができます。ぜひ、ご参加ください。

将来を見据えて土地を選ぶ

極端に狭い土地や変形した土地はその土地にあった家を建てる

極端に狭い土地や変形した土地はその土地にあった家を建てる

家は土地の上に建ちます。よく考えてみれば当たり前なのですが、住居の広さや間取り、暮らし心地も、土地の形状や素性に大きく左右されるので、建築用地を選ぶ際はとくに慎重さが必要です。例えば、取得済みの土地が極端に狭かったり、細長かったり、変形していたりしていた場合、想定していたような間取りの家が建てられないことも。道路付けが悪い、日当たりがよくないというだけでも、家づくりの障害になるので気を付けたいところです。

将来そこでどう暮らすかも、重要なテーマに

将来そこでどう暮らすかも、重要なテーマに

また広さや形状、道路付けや日当たりといった土地そのものの問題もさることながら、上下水道や都市ガスなどライフラインがそこまで引かれているかどうかも入念にチェックしておかなければなりません。例えば下水道がなければ浄化槽を設置する必要があり、都市ガスが来ていなければプロパンガスを利用するしかありません。こうした基本的条件が整っているかどうかも土地選びの重要なポイントです。

また、ご家族が将来そこでどう暮らすかという点を抜きにしては、正しい土地選びはできません。例えば、当初は通勤通学を考えて電車やバスの利用がしやすいロケーションを選んでも、やがてご夫婦が歳を取ればその利点はあまり意味をなさなくなります。かえって自然が豊かでのんびりとした土地がよかったと思うこともあるでしょう。あるいは学校よりも、歩いて行ける程度の距離にスーパーや病院があったほうがよいと感じるかもしれません。なかなか悩ましい問題ですが、要は、ご自身やそのご家族にとってどんな住まい、暮らし方がベストなのかを総合的に判断することが大切と言えるでしょう。

家づくりのプロとしてお手伝い

家づくりのプロとしてお手伝い

資金計画だけでなく、土地選びでも建築工房いろはが皆様のお力になるのでご安心ください。とくに当社は地元である姫路市の不動産市場に精通しているので、皆様のご要望を満たす土地を迅速に探して差し上げられます。もちろん、情報を鵜呑みにするのではなく、必ず現地を視察し、土地の状況やライフラインの敷設状況、法的規制の現況についてもチェックした上で皆様にご提案するのでご安心ください。