リフォームコストの目安

新築よりもむしろリフォームのほうが費用感を把握しにくい──そうおっしゃるお客様は少なくありません。確かに、どの程度の規模になるのか、どこまで既存の家に手を入れるかで大きな差が出るからです。そこで、こちらでは建築工房いろはでリフォームした場合の施工費用について目安となる金額と、その根拠となる考え方をご提示します。詳細は、兵庫県姫路市で注文住宅手がける工務店「建築工房いろは」へ直接ご相談ください。

「いろは」は家づくりのスペシャリスト

「いろは」は家づくりのスペシャリスト

建築工房いろは、その名の通り家づくりのいろはを学んだその道のスペシャリスト。建築士でありながら、大工としての経験も豊富なため単なる机上の設計ではなく、そこに住む方の生活実態に即した提案ができるのも強みです。例えば、その土地の日当たりや風通し状況、ご家族の生活時間帯を考慮した上で、採光計画や通風計画を適切にプランできます。また、代表である大島進也はハウスメーカー出身でもあるため、家づくりのさまざまな手法、ノウハウを駆使できます。しかも、リフォームやリノベーションについても専門的に学んでいます。当社がアフターフォローにおいても充実のサポートをお約束できるのも、こうした経験があるからこそです。

新築・リフォーム費用について

低燃費住宅の場合

新築でもリフォームでも低燃費化コストを具体的に示すのは簡単ではありません。なぜなら、一定の省エネ効果を実現するのに必要な対策が、家の規模や形状、間取り、窓の大小、隣地建物との間隔、方位などさまざまな条件によってまったく異なってくるからです。これは、各戸別に省エネ計算を精緻に実施し、詳細な費用を算出しなくてはなりません。低燃費住宅をご検討のお客様はまずご相談ください。

費用の目安
目安としては75万程度~になりますが、個別に算出する必要がありますので、まずはご相談ください。
大型(スケルトン)リフォームの場合

設備の入れ替えや部分的なリフォームとは異なり、家1軒を一度、スケルトン(骨組み)だけにして、内装や設備をまるごとフルリフォームする手法がスケルトンリフォームと呼ばれるもの。ここまで大がかりなリフォームだと、費用面で新築と変わらないと思われがちです。確かに新築で2,000万円かかるところ、スケルトンリフォームでは1,800万円程度になりますが、しかし、この200万円の差は想像以上に大きいものです。しかも、新築の場合は建築費用に加え諸費用も相応にかかります。また、スケルトンリフォームでは耐震性や耐久性の向上も図れるので決して割高ではありません。

費用の目安
  • 古民家スケルトンリフォーム 坪/60万円~
  • イメージチェンジスケルトンリフォーム 坪/50万円~
  • 現状を生かしたスケルトンリフォーム 坪40万~
  • 外観そのまま生かしたスケルトンリフォーム 坪/30万円~
窓リフォームの場合

低燃費住宅の費用算出が難しいことは前述した通りですが、単純に今ある家の「寒さ・暑さ」「冷暖房効率の悪さ」を簡単にしかも効果的に解消するなら、窓リフォームが最も有効な手段です。窓さえなければ、建物の断熱性は格段に向上しますが、そういうわけにもいきません。しかし、サッシをアルミから樹脂製にする、二重サッシや三重サッシにするだけでも無駄な熱の行き来を大幅に遮断できます。費用的に見てもこれが最もコストパフォーマンスに優れたリフォームだと言えるでしょう。

費用の目安
  • 内窓のみ交換 1ヶ所3万円~(工期1日~)
  • 今ある窓を取り換える 1ヶ所8万円~(工期2日~)